みっちーの映画日記

私が観た映画の備忘録です!

ドキュメンタリー

「ニッポン国VS泉南石綿村」を観て、日本人はもっと日本に興味を持つべきだと思った

監督:原一男 見るべき度:☆☆☆☆☆ 「ニッポン国VS泉南石綿村」の内容 舞台は大阪府泉南地域。 2006年に、石綿工場の元労働者とその家族が損害賠償を国に求めて訴えた。 石綿は耐久性、耐熱性など非常に優れ、安価であるため「奇跡の鉱物」として重宝され、様…

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を観て、キューバの音楽をもっと知りたくなった

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016) 監督:ルーシー・ウォーカー 満足度:☆☆☆☆★(☆4つ) 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」の内容 1999年、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」というドキュメンタリー映画が公開された…

「ラ・チャナ」のフラメンコを観て、私の魂は震えた

ラ・チャナ(2016) 監督:ルシヤ・ストイェビッチ 出演:ラ・チャナ 満足度:☆☆☆☆★(☆4つ) 「ラ・チャナ」の内容 この映画は、フラメンコダンサーのラ・チャナを追ったドキュメンタリーだ。 ラ・チャナは、スペインのカタルーニャ州バルセロナの極貧地域…

「フジコ・ヘミングの時間」を観て、彼女の音楽や生き様に魅せられてしまった

フジコ・ヘミングの時間(2017) 監督:小松荘市一良 出演:フジコ・ヘミング 満足度:☆☆☆☆★(☆4つ) 「フジコ・ヘミングの時間」の内容 この映画はピアニストのフジコ・ヘミングに密着したドキュメンタリー映画である。 今回は、あらすじの代わりに「フジ…

「ひめゆり」 戦争の記憶は受け継いでいかなければならない

ひめゆり(2006) 監督:柴田翔平 満足度(というか衝撃度):☆☆☆☆☆(☆5つ) 「ひめゆり」の内容 太平洋戦争末期、沖縄では住民をも巻き込んだ激しい戦闘が行われていた。 そして、14~19歳の女学生たちまで戦場に駆り出され、従軍看護活動にあたった。 彼…

「隣る人」を観て、ムッちゃんとの接し方に愛情を見た

隣る人(2012) 監督:刀川和也 みっちーの満足度:☆☆☆☆☆(☆5つ) 「隣る人」の内容 舞台は、地方のある児童養護施設。 様々な事情で親と一緒に暮らせない子どもたちが、保育士と共に生活をしている。ここは責任担当制という制度を敷いており、一人の子ども…

「人生フルーツ」を観て、津端さんから本物の豊かさを学んだ

監督:伏原健之 出演:津端修一、津端英子 ナレーション:樹木希林 みっちーの満足度:☆☆☆☆☆☆(☆5以上) 「人生フルーツ」の内容 舞台は愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウン。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは津端修一さんが建てた家である。 かつて日本…

「ラッカは静かに虐殺されている」はみんなが観たほうがいい映画

ラッカは静かに虐殺されている(2017) 監督:マシュー・ハイネマン 満足度(というか衝撃度):☆☆☆☆★(☆4つ) ☆☆☆ この映画はドキュメンタリーだ。 内戦が起きているシリアで、勢力を拡大していったイスラム国。そのメンバーはシリア北部の街ラッカを制圧…